読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

esocchiの日常だよん

人生、経歴、全てが中途半端で人前では意識高い系大学4年生の日常

下書き消えた

ドモッ、イソッチです。

iPhoneのアプリ「Hatena blog」
で2000字ほど書いた下書きが消えたアアアアアア

なんなんだ、この喪失感。
1時間ぐらい掛かったのに。

アプリで下書きを保存する時、ネットに繋がっていればオンライン上に保存でき、PCからでもその下書きを見ることができる。

今回の場合は、機内モード状態で書いてたから、アプリ内に下書きが保存されてる。
そこからネットに繋いで、保存をしようとした時に問題が起こった。

 

f:id:esocchi:20170129010627p:image

 

これが出てきて一向に保存ができないのである。

 

どうやら1度f:id:esocchi:20170129010639p:image

 

アプリ内保存から

ネット上の保存

f:id:esocchi:20170129010627p:image

 

をした場合に起こるようだ(他にも原因があるかも、分かり次第更新します)

 

んで、仕方なく右上のCloseを押すと

f:id:esocchi:20170129010627p:image

これが出てくる。

 

Save as draftを押しても

f:id:esocchi:20170129010627p:image

こうなるだけだった。

 

特に読まずCloseを押した。

 

消えた

 

今の所の対策は、Closeを押すしか選択肢がない場合

・全文をコピーしておくことだ。

 

Closeで消えても、コピペすれば復活する(おそらく文章だけ)

 

ホントつらい。。。

 

インド1人旅3日目 タージマハル

ドモッ、イソッチです。

 

現在2017年1月26日11:58分(インド現地時間)

 

タージマハルに来ております。

f:id:esocchi:20170126190610j:image

アラッ!

f:id:esocchi:20170126190629j:image

ヨッ!

f:id:esocchi:20170126190628j:image

ソラッ!

 

晴れてくれたおかげで、めちゃくちゃ良い風景。

なお、わい上下ヒートテック、暑くて死亡。

暑いんジャァァァ!

日本から半袖持ってくれば良かった。

 

タージマハル入場の方法

ぼくは西門から入りました。

f:id:esocchi:20170126190542j:image

10分くらい歩くと、右手にチケットセンターがあります。

f:id:esocchi:20170126190701j:image

チケットセンターの左端が外国人専用の窓口でした。

1000ルピー払って、チケットとミネラルウォーター500mlと靴用の袋を貰いました。

f:id:esocchi:20170126190719j:imagef:id:esocchi:20170126190616j:image

(靴用の袋)

 

チケットセンター付近で、政府公認のガイドがウヨウヨいます。

500ルピーで案内してやるよとか、勧誘が激しいです!

写真のベストスポットとか、歴史とか解説して欲しい人は付けても良いかと思いますが、ぼくはいらなかったので断りました。

 

500ルピーあったら飯食えるし!

 

ガイドを振り切り、入場ゲートに向かいます。

インド人用と外国人用と別れています!

これが分かりにくいので注意。

f:id:esocchi:20170126190521j:image

さらに途中で外国人用は男性女性に別れました。

金属探知機とボディチェックを受けて、持っていたリュックも空港にあるヤツに掛けられました。

f:id:esocchi:20170126190703j:image

 

係員「このリュック(20L)はでかい。持ってけない。ロッカーに預けろ」

ぼく「えっ!(fuck you)」

後ろからSPみたいゴツい男の人が来て、チケットセンターの奥にロッカーあるからそこに行けと言われました。

 

しかも、ロッカーわかりにくい!

(西門の場合)

チケットセンターを右手に見ながら歩きます。

タクシーと馬のタクシーがゴロゴロいるところを突き抜け右折して2分くらい歩くと建物があります。

f:id:esocchi:20170126190558j:image

f:id:esocchi:20170126190645j:image

f:id:esocchi:20170126190654j:image

Locker Roomってあるので、そこです!

20ルピー払って預けました。

f:id:esocchi:20170126190503j:image

 

なので、タージマハルに入る時は

・財布

・携帯

・カメラ

ぐらいが入る小さなバッグがあると便利です。

※タバコ、ライターは持ち込み禁止

 

あと、タージマハルの白い建物内では撮影禁止でした。

f:id:esocchi:20170126190544j:image

 

撮影してる外国人もいましたが、注意されていました。

 

撮影禁止の所で撮影する人って、中出しはダメって言われたのに中出しする人だと思うんですよね(偏見)

 

いまから昼ごはん食べて、アーグラフォート(Agra Fort)に向かいます

 

それでは、ババババーイ。

 

 

インド1人旅2日目(午前)

ドモッ、イソッチです。

 

現在2017年1月26日8時47分(インド現地時間)

デリーとの時差は3時間半なので日本は12時17分ですね。

 

昨日からの続きになります。

詳しくはこちら↓

 

esocchi.hatenablog.com

 

簡単にまとめると

SIMカードがつながらない問題」が初日に起こりました。

「お湯でない問題」1泊のホテルだからなんとか耐えた。

 

1泊目のホテルともおさらばです。

さぁ、どうやってvodafone shopに行こう。。。

僕の泊まったホテルは、空港からだと3㌔ほどなんですが、vodafone shopがある

コンノートプレイス(栄えてる中心部の名前)までは15~20㌔ほどあるんですね。

この距離を14,5㌔のバックパックと徒歩なんて死ねる!

自衛隊かっ!

 

となると、僕に残された選択肢がこちら

①タクシーを拾って目的地まで行く

②徒歩かタクシーで空港に行き、そこからメトロorバスで目的地

③ゾウに乗る(見あたらなかった模様)

 

空港に戻るのもめんどいしなぁって思って、①を選択しました。

 

ホテルから出て大通りに行く途中に、これに乗ってるおっさんに声を掛けられました。

 f:id:esocchi:20170126132228j:image

おっさん「タクシィ↑?」

ぼく「.....(人から声を掛けられた時は無視しろって地球の歩き方に書いてあったもん!)

おっさん「ウェア↑?」

ぼく「....」

......(おっさんが僕と並走で運転しながらかれこれ2分ぐらい経過)

 

しびれを切らしたぼく「I wanna go Connaught place, how much?」

(いきなり英語でイキッてすみません)

おっさん「Connaught place(スマイル)」

おっさん「400」(1ルピー2円計算で800円)

ぼく「300」

おっさん「NO」

ぼく「320」

おっさん「NO」

ぼく「350」

おっさん「....OK(しぶりながら)」

 

交渉成立!乗車。

 

この車おわかりいただけるだろうか?

ドア及び窓がいっさいないのである。

風通しは抜群だし、猛スピードでカーブするとジェットコースターの如く体がもってかれ、外に飛び出そうになる。

座ったものの、リュックを背負ったまま、片手で手すりに掴まり、もう片方でスマホGoogle Mapを確保。

変なところに連れていかれないように地図を確認することを怠らないのである。

※この時点でSIMは起動してないので機内モードの状態であるが、ホテルのWi-FiGoogle Mapのデリー周辺をオフラインでも見れるようにダウンロードしておいたので電波がなくても詳細な地図が見れる。また青丸(現在地を示している点)もちゃんと携帯に合わせて動く)

 

白線とか関係なしにそれぞれの車がノーウィンカーで車線変更当たり前だし、隣の車と幅30センチぐらいで並走したり、運転うめぇ!これ日本だったら煽りになるんだろうなと。

 

そんなこんなで目的地周辺に無事着いたので降ろしてもらいました。

値段交渉で400ルピーから350ルピーになっていましたが、手持ちが100ルピー×4枚だったのでそれを渡しおつりを要求しました。

 

おっさん「おつりはない」

 

そう言い、去っていきました。

 

イェェェェェェェェイ

 

心の中で叫びました。

 

なんやかんや目的地のvodafone shopに着きました。

 

店内に入ると、8人くらいインド人っぽいお客がいましたが、6歳くらいの子供を背負ってるかのようなリュックを持っている、明らかに異国の人間。

きっとぼくのことをカモだと思ったのでしょう。

すぐさまぼくのところに来ました。

 

店員「Can I help you?」

ぼく「昨日空港でお宅のSIMカード買ったんだけど、使えないのよ。」

店員「携帯みせて」

ぼく「うん」

 

59059に電話して、自動音声案内につなげる(昨日ぼくが躓いたとこ)

 

結局のところ、

まず2で英語を選択

つぎにパスポートの下4桁を入力

西暦を入力(ぼくの場合1994)

なんか知らんが1を入力

 

これでアクティベート完了とのこと。15分くらいで繋がるといわれた。

 

もし繋がらなかった時のために、お店の中で座って待っていたら、20分後ぐらいに繋がりました!

 

1GB契約(インド滞在5日間で)だからtwitter, instagramで浪費しないようにしないと(twitterを開きながら)

 

 

ダラダラ長くなってしまいましたが、なんとかSIMを起動させることができました。

人生なんとかなる。

 

次回、2日目午後編「これってボッタくられたのかな?インド1人旅2日目(午後)」を書きたいと思います。

 

次回まとめ

・ぼく6万支払う

・デリー→アーグラへ

・2日目宿泊Airbnb

 

それでは、ババババーイ

 

 

インド1人旅スタート

ドモッ、イソッチです。

 

現在2017年1月25日8時45分(インド現地時間)

 

昨日2017年1月24日の20時30分ぐらいにインドについてから早12時間が経ちました。

 

端的に言って、色々ヤバいよインド!

聞いてたけど、自分で体験するのは訳が違う。。。

 

まず、空港のWi-Fi

インド(デリー)の空港にはWi-Fi名「◯◯ Airport」的なわかりやすいWi-Fiがない。

TATA DOCOMOってWi-Fiが空港Wi-Fiになっているよう。

繋ぐために、電話番号(+81 90-××××-××××)入力してSMSをゲット。SMSの認証番号を入力するって流れのよう。

 

が、SMSがいっこうにこない。

 

僕はSimフリーiPhoneSEで日本ではAEONのSIMカードを使っているのですが、それが原因?

大手3社じゃないと無理なのか?

知ってる人教えてください。。。

(分かり次第、更新します)

 

かれこれ40分くらいWi-Fi繋げようともがいていました。

 

もーめんどくなって、現地のSIMカード買っちゃえってvodafoneに駆け込みました。

 

とりあえず1GBで1000ルビー

日本円でおよそ2000円ぐらい。ぼったくりやと思ったけど、ネットに繋がるならしゃあなしと購入。

 

ぶっ刺してから30分くらい経ったが、いっこうにつながらない。

 

まだ空港にいたのでお店に戻り聞いたら、2時間ぐらいしないとつながらないヨと。

(後にわかることだが、SIMカードを使うには大きく2ステップある。

①ぶっ刺したSIMを現地の電波?が認識するのに早くて2時間、遅くて2.3日かかることがあるよう。

②認識されたらSIMをアクティベートさせるために僕の場合は59059に電話しろと言われた。(なお、電話は英語かヒンドゥー語)

電話で名前やパスポートの下4桁とか伝えて数分から数時間待って使えるらしい。

(あとで、詳しく書かれてたブログのリンク貼ります)

 

結論から言うと、未だに繋がってないし、上で挙げた②のところで止まってる。

インド人の英語理解できず、電話失敗しました。。。

これからVodafone shop行きます。。。

 

ああああッッッ!めんどくせえ!

 

あと、泊まってるホテル。

エクスペディアで温水出るって書いてあり、3600円くらいだったから予約したのにお湯でない。

 

お湯を沸かす機械があって、20分くらい待てども出ない。

 

結局、水でカラダ洗いました。

(お湯の出し方のブログのリンクもあとで貼ります)

 

初日からインドの洗礼にあっております。(下調べが甘い自分が悪い)

 

雑な感じでバァーと書きました。(生きてる証拠を残すため)

 

2017年1月29日までインドいる予定だけど、めっちゃ不安。

 

1年半年ぶりの海外(インドは初)

 

ワンチャン死にそう。

 

これからはなるべく毎日更新するようにします。

 

僕は生きてるゾォオォォォ

 

 

 

千と千尋の神隠しって何が面白いの?

ドモッ、イソッチです。

 

今週の金曜ロードショー千と千尋の神隠しでした。

 

f:id:esocchi:20170120234958j:image

 

ツイッターとかでポジティブな感想言ってる人が多いけど、

何が面白いの?良いの?

(※煽りではありません。知的好奇心です。)

 

僕からすると、まず画が苦手なんですよね。他のジブリはいけるのもあるんだけど。

飯と糞同時に食い散らかしてる豚とか精神的にきついでしょ。

18禁でも良いレベル。(※記憶が曖昧ですがこんなイメージ)

ちなみに、1回くらい最初から最後まで観たことある気がする。それもn年前に(n>6) 

 

ストーリーの展開(僕の記憶)

少女が家族とドライブしてたら変なところに迷いこんだ。

タダ飯?してる親を横目に少女が奥の建物に侵入。

侵入後、イケメンに会う。その後

下半身蜘蛛。上半身おっさんに会う。

クソババクイーンの元で働く。

親が豚になってて絶望する。

「あ、あっ」と出会う。

なんやかんや元の人間の世界に戻ってこれた。めでたしめでたし。

 

ざっくりこんな感じ。

 

記憶の底から引っ張り出したけど、

 

これおもしろそうやん!!

(完)

 

ババババーイ

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/千と千尋の神隠し

https://www.amazon.co.jp/千と千尋の神隠し-通常版-DVD-柊瑠美/dp/B00005S8LI

 

 

 

ハンバーグ食べに東京から静岡にきた(後編)

ドモッ、イソッチです。

 

待ってる方はいないと思いますけど、後編スタートです!

 

前編はこちらから

【飯テロ】ハンバーグ食べに東京から静岡きた!(前編) - esocchi’s diary

 

さわやかに着いて、待ちリストに名前を書いてから2時間!!

ついに名前が呼ばれました。

タイミングが良かったのか、2名でしたが4名掛けの窓際の席に

着くことができました。(景色は道路と向かいのコンビニ)

 

席に着くとすぐに、げんこつハンバーグオニオンソース、Aセットライス大盛りを注文しました。

(焼き加減は店員さんのオススメのミディアムレア)

 

待つこと10分くらいでしょうか

 

f:id:esocchi:20170113145851j:image

ウホオオオオオオオオオ

 

f:id:esocchi:20170113150241j:image

キタアアアアアアアアア

 

僕がゴリラならドラミングをせずにはいられないでしょう。

 

いただきます!

 モグモグモグモグ

 

f:id:esocchi:20170113145914j:image

ごちそうさまでした!

 

アッツアッツのハンバーグにマッチしているオニオンソース

ご飯が止まりません。

しかも鉄板が熱いから最後までアツアツを食べられます。

 

添えてある野菜たちは岩塩で頂きました。

これがうまい。やっぱ塩ってうまい。

 

これ目的で静岡移住あり。

東京にも進出しないかな。 

 

 げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか

【飯テロ】ハンバーグ食べに東京から静岡きた!(前編)

ドモッ、イソッチです。

今日は成人の日ですね。

おめでとうございます。

変わることと言っても、合法で酒、タバコが買えるぐらいですよね。

 

いま、僕は静岡県にハンバーグを食べに来ています!

こちらのお店!

f:id:esocchi:20170109144928j:image

さわやか 御殿場インター店

御殿場インターから車で3分くらい

[店舗] 炭焼きレストランさわやか 御殿場インター店 | 炭焼きレストランさわやか

 

 

めちゃくちゃ混んでる!

第1、第2駐車場合計50台くらいは満車!

14時現在2時間待ちw

ディズニーかな?

 

これは余程美味いんでしょうね!!

めっちゃ楽しみ

料理の感想は後編に続く!!

 

さわやか公式HPはこちら↓

げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか