読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

esocchiの日常だよん

人生、経歴、全てが中途半端で人前では意識高い系大学4年生の日常

ぼっちだけど大学卒業式行くか迷う

ドモッ、イソッチです。

 

大学の卒業式のシーズンになりましたね。SNSにぞくぞくと

「友達と○○大学卒業式(看板)との写真」

「袴を着た女子大生グループ」

「学科の集合写真

バンザイをしている学生たちのイラスト

 

などなど挙がっていますね。

 

ぼっちはどうしたらいいの?

コミュニケーションが苦手な人のイラスト(学校)


 

ところで大学の入学式を振り返ると、普通知らない人しかいないわけだからぼっちなんて普通なんですよね。僕は親と入学式に行き、終わり次第ご飯を食べて帰りました。

 

入学式ですでに友達同士でつるんでる部類の人間は

  • 付属上がりで高校の友達と来た
  • 特定の高校の多くの生徒が特定の大学に行くため高校の友達と来れる( 開成の生徒の多くは東大に行く)
  • 入学式以前にSNSで繋がっていた

といったところでしょうか。

入学式でグループでわいわいやってるところはぼっちからしたら目に付きやすい訳ですけど体感的には2~3割ぐらいではないでしょうか。残りはぼっちで入学式に参加しているのです。

 

が、卒業式はそうはいかないよなぁ?ほぼグループしかいないはず。

 

f:id:esocchi:20170324150153p:plain

ざっくしりとしたイメージ。

入学式は他人1人1人の集まりだけど、卒業式では他人だったのが仲間になった。

その仲間をまた1人1人と違う道への分岐点が卒業式。

 

実際どの集団においても馴染めなくてばっちになった人や大学の卒業式の場合なら留年や休学などで友達と1年遅れて卒業することはザラにある。

むしろ後者ならぼっちでも「それはしょうがないよね」と共感を得られるだろう。

 

しかし、ぼくは前者である。

 

馴染めないといっても、大学1年次の最初で友達作りを失敗したのが原因である。

学科で。サークルには友達がいるけど、卒業式の後は学科毎に集まることになっているのでみんな学科の友達と行くはず。

つまり学科の友達がいなければ卒業式ではぼっちなのである。

別にぼっち自体はかまわない。1人で海外旅行も余裕だし。

ただ、学科に友達と呼べるような人はいないものの、会ったら挨拶をするくらいの知り合いはいるのだ。

(テスト前だけ助け合うような関係)

 

もちろんその知り合いらは他に友達がいるので彼らと行くであろう。

 

何が辛いかと言うと、グループでいるのが当たり前の状況でぼっちのまま知り合いに出くわすことである。

 

ディズニーランドもある意味グループでいる人たちが圧倒的に多いだろが、烏合の衆であるのでぼっちでもさほど苦痛ではない。

 

コミュニティー内でのぼっちだからこそ辛いのだ。

 

卒業式の日の流れは

 

①卒業式( 他学科も一緒にごちゃまぜ):1時間

②学科毎に卒業書類など配布:2時間

③学科で飲み会:2時間

 

②以降が辛い。移動も含めると5~6時間ぐらい学科単位で動く。

③に関しては出なくても良い。

 

さて、どうしたものか。

 

それでは、ババババーイ