読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

esocchiの日常だよん

人生、経歴、全てが中途半端で人前では意識高い系大学4年生の日常

インド1人旅3日目 タージマハル

ドモッ、イソッチです。

 

現在2017年1月26日11:58分(インド現地時間)

 

タージマハルに来ております。

f:id:esocchi:20170126190610j:image

アラッ!

f:id:esocchi:20170126190629j:image

ヨッ!

f:id:esocchi:20170126190628j:image

ソラッ!

 

晴れてくれたおかげで、めちゃくちゃ良い風景。

なお、わい上下ヒートテック、暑くて死亡。

暑いんジャァァァ!

日本から半袖持ってくれば良かった。

 

タージマハル入場の方法

ぼくは西門から入りました。

f:id:esocchi:20170126190542j:image

10分くらい歩くと、右手にチケットセンターがあります。

f:id:esocchi:20170126190701j:image

チケットセンターの左端が外国人専用の窓口でした。

1000ルピー払って、チケットとミネラルウォーター500mlと靴用の袋を貰いました。

f:id:esocchi:20170126190719j:imagef:id:esocchi:20170126190616j:image

(靴用の袋)

 

チケットセンター付近で、政府公認のガイドがウヨウヨいます。

500ルピーで案内してやるよとか、勧誘が激しいです!

写真のベストスポットとか、歴史とか解説して欲しい人は付けても良いかと思いますが、ぼくはいらなかったので断りました。

 

500ルピーあったら飯食えるし!

 

ガイドを振り切り、入場ゲートに向かいます。

インド人用と外国人用と別れています!

これが分かりにくいので注意。

f:id:esocchi:20170126190521j:image

さらに途中で外国人用は男性女性に別れました。

金属探知機とボディチェックを受けて、持っていたリュックも空港にあるヤツに掛けられました。

f:id:esocchi:20170126190703j:image

 

係員「このリュック(20L)はでかい。持ってけない。ロッカーに預けろ」

ぼく「えっ!(fuck you)」

後ろからSPみたいゴツい男の人が来て、チケットセンターの奥にロッカーあるからそこに行けと言われました。

 

しかも、ロッカーわかりにくい!

(西門の場合)

チケットセンターを右手に見ながら歩きます。

タクシーと馬のタクシーがゴロゴロいるところを突き抜け右折して2分くらい歩くと建物があります。

f:id:esocchi:20170126190558j:image

f:id:esocchi:20170126190645j:image

f:id:esocchi:20170126190654j:image

Locker Roomってあるので、そこです!

20ルピー払って預けました。

f:id:esocchi:20170126190503j:image

 

なので、タージマハルに入る時は

・財布

・携帯

・カメラ

ぐらいが入る小さなバッグがあると便利です。

※タバコ、ライターは持ち込み禁止

 

あと、タージマハルの白い建物内では撮影禁止でした。

f:id:esocchi:20170126190544j:image

 

撮影してる外国人もいましたが、注意されていました。

 

撮影禁止の所で撮影する人って、中出しはダメって言われたのに中出しする人だと思うんですよね(偏見)

 

いまから昼ごはん食べて、アーグラフォート(Agra Fort)に向かいます

 

それでは、ババババーイ。