読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

esocchiの日常だよん

人生、経歴、全てが中途半端で人前では意識高い系大学4年生の日常

ドイツのライン川|ザンクト・ゴアルスハウゼンから船でリューデスハイムに行けなかった

ドモッ、イソッチです。

 

前記事はこちら。

 シュツットガルト行ってきた - esocchi’s diary

 

ドイツに来てから早3日

今日は

ダルムシュタットからヴィースバーデン

(乗り換え)

ヴィースバーデンからザンクト・ゴアルスハウゼンにきた。

 

11時30分に駅に着き、船着き場に向かう。船の出発は地球の歩き方によると12時10分だった。

 

40分くらいに船着き場に着くと、既に船が停泊していて人が乗り降りしていた。

目的の1本前の船だと判断し見送った。

後にわかることになるが、これが乗るべき船だった(絶望)

 

ツーリストセンターの人に聞いたら、20分前に出発することもあるようだ。

 

おまけに時刻表も地球の歩き方とは違っていた

f:id:esocchi:20170217011607j:image

今冬の時刻表

 

 

地球の歩き方の時刻表

 

もう今日の船はない。

プランBもない。

 

なんて日だ!!!

 

そう叫ばずにはいられない

 

ザンクト・ゴアルスハウゼンの対岸にはザンクト・ゴアールという街がある。

10分間隔で対岸を往き来するフェリーに乗ってゴアールに行くことにした。

(片道1.8ユーロ)

 

地元の人も使うようで(近くに橋がない)、小学生らと一緒に乗り込んだ。

 

すると、

この小学生6人のうち男子3人がワイのことをチラチラみて笑っているのだ。

なんかドイツ語で言ってた。

ニヤニヤこっちを見ながら。

 

クソ田舎の小坊だ。観光地ではあるけど、アジアンあるいは日本人に遭遇したのが珍しかったのか。明らかに欧米人ではないワイを見てバカにしてるような感じだった。

 

これはイジメ

人種差別だ

 

キッズに舐められている。明らかにっ!

 

居心地が悪かったから、キッズいる2階から1階に移動した。

そしたら、キッズが代わる代わる下に降りてはワイがいるのを確認して上に戻っていくのだ。

 

悲しい世界

 

イヤホンを装着し、徹底的に無視を決め込んだ。キッズの興味の対象が別に移動するように。

キッズ達も何も反応を示さないワイに飽きたらしく平和が訪れた。

 

キッズ達にカツアゲでもされるのかと内心ビクビクしていた(打ち消し船(

 

 

ついに対岸についた。

 

次会ったら、ボコボコにしてやるよ!

と心の中で呟き一連の騒動は幕を閉じた。(完)

 

ここからゴアルスハウゼンとゴアールの街並み!笑

f:id:esocchi:20170217011610j:image

f:id:esocchi:20170217011611j:image

f:id:esocchi:20170217011609j:image

f:id:esocchi:20170217011630j:image

f:id:esocchi:20170217011632j:image 

f:id:esocchi:20170217011633j:image

 

雨が降ってきて、レストランでパスタを食べていたから写真少なめ

f:id:esocchi:20170217011626j:image

 

船には乗れない、雨は降る、キッズにバカにされる。

サイアクだ

 

気持ちを切り替えてマインツに向かいたい。

 

それでは、ババババーイ。

 

 

 

シュツットガルト行ってきた

ドモッ、イソッチです。

 

前記事はこちら。

 電車でドイツのハイデンベルクきた - esocchi’s diary

 

ハイデンベルクの観光を終えた僕にはやらなければいけないことがあった。

 

それは内定先企業から出された課題をドイツ時間13時までに提出することだ。

 

すでに15時で死亡は確定

 

忘れていた訳ではない。やる時間がなかったのだ(言い訳)

120分×3本の課題(ネット環境必須)。

この旅行中に120分というまとまった時間を取るには睡眠時間を削るしかないだろう。

 

僕の座右の銘

寝ざる者、生きるべからず

 

睡眠8時間/日は何としても確保したい。

 

それと課題は提出日直前に行う習慣も相まって詰んだ。

 

本当は360分掛かるところを、4択の選択問題だったからテキトーに埋め10分で終わらせた。

 

※課題は今年6月の試験のため。よって6月の試験に受かりさせすれば良いはずだ(良くない)

 

人事には、提出が遅れ申し訳ございませんとメールで伝え、課題も添付し、無事終えた(別の意味で終わった)

 

切り替えて行こう!そう自分に言い聞かせ、駅に向かった。

 

前置きが長くなったが、ここからシュツットガルトの話し。

 

僕が買いたいチケットは

ハイデンベルク→シュツットガルト→(折り返し)ハイデンベルク→ダルムシュタット

 

自動券売機で買おうとしたが、よくわからない。券売機の英語の意味が理解できない。

仕方なくチケットカウンターに行った。

 

僕 1番安くて遅い(スピードが)電車のチケットを買いたい。

ハイデンベルクからシュツットガルトシュツットガルトからハイデンベルクとハイデンベルクからダルムシュタット

 

おばさん これとこれね。

 

ハイデンベルク〜シュツットガルト間は1日乗り放題券で20ユーロだった。

 

ハイデンベルク〜ダルムシュタット間は1日乗り放題券で10ユーロ

 

意気揚々と電車に乗り込んだものの遠い。遠すぎる!!

シュツットガルトまで1時間30分もかかった。

 

着いたらすでに17時45分

帰りの電車は18時30分

 

余裕を持ちたかった(すでに持てていないが)ので30分街を歩き、戻ってくることにした。

 

f:id:esocchi:20170216083245j:image

f:id:esocchi:20170216083245j:image

 シュツットガルト中心駅

 

f:id:esocchi:20170216083244j:image

駅出口付近

 

f:id:esocchi:20170216083244j:image

f:id:esocchi:20170216083254j:image

駅外観

輝ベンツのマークかっこよすぎ!

(ベンツの本社がある)

 

 

f:id:esocchi:20170217011740j:image 

f:id:esocchi:20170217011846j:image

去年のガキ使の犬!笑

 

それでは、ババババーイ

電車でドイツのハイデンベルクきた

ドモッ、イソッチです。

前記事はこちら。

 

esocchi.hatenablog.com

 


昨日(2017年2月14日)は無事にドイツ人の友達とダルムシュタットで会うことができ、泊めてもらってる!
f:id:esocchi:20170215220055j:image
夜のダルムシュタット中央駅

f:id:esocchi:20170215220124j:image
晩飯のピザ(パーティーサイズ)
食いきれず朝飯になった

f:id:esocchi:20170215220100j:image
日本にきた時に買った日本酒を出してくれた。トックリとおちょこも用意してるという。。。
日本人より日本人やろこれ

味覚ガイジなので普通にピザと日本酒いけた!笑

朝起きて、ダルムシュタット中央駅にきた。

f:id:esocchi:20170215220130j:image

9:30分の鈍行で行こうとしたものの、のん気に昨日の残りのピザを駅で食っていたら、出発まで残り5分だった。

急いで切符を買おうとしたが、ダルムシュタット⇔ハイデンベルクの往復の買い方(往復があると友達から聞いていた)がわからずアタフタ。無事死亡。

隣の自動券売機を見たら、今使っているのと画面が違う。
どうやら隣のは、特急列車用(鈍行と特急で券売機が異なるのかはわからない。
たぶん、使い方がわかってないだけ)

なんとか買うことができた。(クレジットか現金)
ダルムシュタット→ハイデンベルクの片道16ユーロ
ハイデンベルクで公共交通乗り放題6.5ユーロ
f:id:esocchi:20170215220106j:image

後の電車で地球の歩き片を読んだら、ハイデンベルクの公共交通乗り放題は6.5ユーロだった。
ボッタクられず良かったわっしょい!

ただ、ダルムシュタット→ハイデンベルクの料金などは地球の歩き片には書かれていない。

f:id:esocchi:20170215220126j:image
ハイデンベルク中央駅

f:id:esocchi:20170215220132j:image
駅を背にして左側にトラム乗り場がある。
ハイデンベルクの中心地に行ける。
だいたい7分くらい。

f:id:esocchi:20170215220851j:image
f:id:esocchi:20170215220145j:image
f:id:esocchi:20170215220120j:image
f:id:esocchi:20170215220145j:image
f:id:esocchi:20170215220844j:image
良い感じの街並みだ(ボキャ貧)

イタリアのローマも良かったが、ハイデンベルクの方が好きだ
f:id:esocchi:20170215220050j:image
イタリアローマのスペイン広場

f:id:esocchi:20170215220052j:image


f:id:esocchi:20170215220140j:image

f:id:esocchi:20170215220109j:image
ハイデンベルク城
f:id:esocchi:20170215220147j:image
f:id:esocchi:20170215220113j:image
f:id:esocchi:20170215220133j:image
城から見下ろした街並み

それでは、ババババーイ

フランクフルト中央駅付近を散歩してみた

ドモッ、イソッチです。

 

前記事はこちら。

 ドゥブロヴニク→フランクフルト来た - esocchi’s diary

 

f:id:esocchi:20170215061901j:image

フランクフルト中央駅(昼)

 

f:id:esocchi:20170215061902j:image

フランクフルト中央駅(夜)

 

f:id:esocchi:20170215061903j:image

 

f:id:esocchi:20170215154301j:image

中央駅を背にした時の景色

トラム(路面電車)に乗ることができる。

 

f:id:esocchi:20170215061905j:image

 

f:id:esocchi:20170215154334j:image

f:id:esocchi:20170215154126j:image

f:id:esocchi:20170215061905j:image

良い感じの広場。

 

f:id:esocchi:20170215154418j:image

f:id:esocchi:20170215154421j:image

でっかい塔

有料だったから入るのやめた。(金欠)

 

f:id:esocchi:20170215061858j:image

光輝く€からEUのプライドを感じた

 

f:id:esocchi:20170215061902j:image

カフェ、Bar、ウインナーの露店など賑やかな通り。中央駅から真っ直ぐすすめば徒歩1分。

 

f:id:esocchi:20170215061908j:image

何で男の人が花屋に長蛇の列作ってるんだと思ったら、今日はバレンタインデーだ。

ドイツでは男性から女性に花を渡す習慣なのか?

今の僕は花よりラーメンが食べたくてたまらない。フランクフルト寒い。ラーメンで暖まりたい。

 

次の目的地はDarmatadt Hbf

ダルムシュタット駅。

ここでドイツ人の友達と落ち合い、家に泊めてもらう。

ありがたい。

 

お土産何も持ってきてないし、花でも買おうかな、友達男だけど。

 

f:id:esocchi:20170215061905j:image

あと3分で電車くる

 

それでは、ババババーイ。

 

ドゥブロヴニク→フランクフルト来た

ドモッ、イソッチです。

 

前記事はこちら。

 ドゥブロヴニク空港でのフライトキャンセルからのホテルに宿泊 - esocchi’s diary

 

無事、ドゥブロヴニク空港から出発することが出来た!

f:id:esocchi:20170214235358j:image

 

f:id:esocchi:20170214235354j:image

 

f:id:esocchi:20170214235357j:image

 

途中でザグレブ(クロアチアの首都)で乗り換えてフランクフルトについた。

 

こちらのザグレブ空港でもWi-Fiは15分しか無料で使うことが出来なかった。

おそらく、クロアチアのほとんどの空港でそうなのだろう。

 ヨーロッパの国際空港、無料・無制限でWi-Fiサービスを提供しているのは48% -スカイスキャナー調べ | トラベルボイス

 

 

ドゥブロヴニクザグレブ(1時間)

ザグレブ→フランクフルト(1時間30分)

 

辿り着いた

f:id:esocchi:20170214235156j:image

 

空港からフランクフルト中央駅までは

SバーンのS8かS9でいける

 

Sバーン=近郊鉄道(地下も通る)

Uバーン=地下鉄

 

英語が出来る人なら「えっ!」と思うに違いない。

ここのSはSubway のSではない。

 

ここは「逆!!」って覚えるしかない。

(アメトーークの勉強大好き芸人回で笑い飯哲夫が言ってた)

 

またS8, S9というのは東京で言うと

S8=山手線

S9=京浜東北線

のようなものだ。

それぞれ上下線がある。

 

S8(S9)だけに注目して電車に乗ると、僕みたく逆方向に行くはめになる。

 

ちなみに、フランクフルト中央駅から空港へは

【Wiesbaden Hbf】行き に乗る

f:id:esocchi:20170214235347j:image

 

こちらがフランクフルト中央駅

f:id:esocchi:20170214235357j:image

f:id:esocchi:20170214235349j:image

f:id:esocchi:20170214235402j:image

 

東京駅のように、新幹線、地下鉄、JR線が集まってるような駅。

日本にはなさそうな駅(知らんけど)でテンション上がる!

 

テンションも上がったし、腹も減っていたので(13時)、お昼を食べるお店を探した。

初ドイツ。初フランクフルト。

 

ここへ来た。

f:id:esocchi:20170214235201j:image

 

みんなダーーーイスキ、マクドナルド♡

 

このポテト見たことないでしょ!?

 

名前忘れたけど、モチモチしてて美味かった。

 

しかも、注文方法がすごい。

f:id:esocchi:20170214235348j:image

f:id:esocchi:20170214235200j:image

f:id:esocchi:20170214235349j:image

 

ATMでお金を下ろす要領で注文できるのだ。

簡単な流れ

①画面タッチ

②言語選択(日本語はない)

③食ってくのか持ち帰りか

④メニュー一覧

⑤たとえばチーズバーガーを選択

⑥単品?セット?大きいサイズのセット?

⑦他に注文は?あるいは選んだ物を編集/消去

⑧支払い

⑨カードor現金

⑩レシートと待ち番号もらう

11 カウンターに自分の番号が表示されたら番号見せて受け取る

 

以上!

店員と話すのは、最後の11のステップだけだ。

コミュ障日本語以外喋れないマンでも余裕だ。

 

画面右側に選んだ商品の合計が常に表示されているので、料金も把握しやすい。

 

カウンターで注文して、店員のわけわからん質問にYesと言っていたら、1番大きなサイズを頼まれて想定以上のお金を払うこともない。(オーストラリアでこれやらかした)

 

腹も満たしたし、フランクフルトをブラ散歩!

 

それでは、ババババーイ

 

 

 

 

 

ドゥブロヴニク空港でのフライトキャンセルからのホテルに宿泊

ドモッ、イソッチです。

 

前記事はこちら

 

今回の件でこちらのホテルに泊まることができました。

 

f:id:esocchi:20170214131540j:image

f:id:esocchi:20170214131544j:image

 

なんと、4つ星のホテル!

 

今回の旅行で1番ランクが高いホテル

*** HOTEL ASTAREA, MLINI, CROATIA ***

 Hotel Astarea (Mlini, Dubrovnik-Neretva County, Croatia) - UPDATED 2017 Reviews - TripAdvisor

Hotel Resort Astarea, Mlini, Croatia - Booking.com

 

 

f:id:esocchi:20170214131659j:image

ホテルのチェックイン待ち

 

f:id:esocchi:20170214131724j:image

ふんだんにあるソファー

 

f:id:esocchi:20170214131800j:image

明るい廊下

 

f:id:esocchi:20170214131828j:image

 

部屋番号320に泊まった

 

f:id:esocchi:20170214131910j:image

 

そして、部屋の中がこちら!

f:id:esocchi:20170214132019j:image

アラッ!

f:id:esocchi:20170214131858j:image

ヨッ!

f:id:esocchi:20170214132037j:image

ソラッ!

f:id:esocchi:20170214132031j:image

ホイッ!

f:id:esocchi:20170214132044j:image

 

めちゃめちゃ綺麗

 

・シングルベッドのツイン

 ・机

・テレビ

・クローゼット

・ハンガー

・バスタオル

・ボディーソープ

・シャンプー

・ドライヤー

 

日本のビジネスホテルでは当たり前だろうけど、海外ではこれらが揃ってるホテルってめちゃめちゃレア!

(特に学生やバックパッカーが利用するような安い宿にはない設備・アメニティの豊富さ)

 

クロアチア航空と提携でもしてるんやろなぁ。

 

さすがっす!!

 

こちらがディナー。

ビュッフェで食べ放題でした。

f:id:esocchi:20170214132713j:image

 

f:id:esocchi:20170214155923j:image

こちらは24時までオープンのBar

 

お酒飲まないから使わなかったけど

 

*** HOTEL ASTAREA, MLINI, CROATIA ***
Hotel Astarea (Mlini, Dubrovnik-Neretva County, Croatia) - UPDATED 2017 Reviews - TripAdvisor
Hotel Resort Astarea, Mlini, Croatia - Booking.com

 

それでは、ババババーイ。

 

 

 

ドゥブロヴニク空港にてクロアチア航空の飛行機が欠航した

ドモッ、イソッチです。

 

前記事はこちら

 ドゥブロヴニク空港で飛行機待ってたら、飛行機が欠航した クロアチア航空 - esocchi’s diary

 

ドゥブロヴニク空港で飛行機待ってたら、飛行機が欠航した クロアチア航空 - esocchi’s diary

前回の続き

 

現在2017年2月13日16時50分

 

カウンターに並び、飛行機の再手配をしてもらいました。

翌日の朝6時40分の便になり、

目的地のフランクフルトには10時40分頃に着くことになりました。

 

対応してくれたこと

・無料で今夜のホテルとディナー

・空港まで往復のバス(無料)

 

The ひと安心

 

良かったあ〜〜〜

 

あとは、わかってるよなぁ??クロアチア航空さんよ??

 

航空券代なんとかしてくれるよなぁ〜?

 

期待してるぜぇ

 

もう少しでバスが出発する!

バス酔いするのでスマホいじいじ終わり。

 

それでは、ババババーイ